『釣り方レポ』キス釣りの時期到来!僕でも21匹釣れたよ。2時間でね!!

日焼け止め塗りながら、失礼します。

 

タクちゃんです。

 

ここ数日の僕といえば

キスを求めて、釣り歩いておりましたよ。

 

みなさん、キスはお好きですか?好きですよね?

 

天ぷら定食頼んだら、大抵一匹は入っているキス。

 

まさに、天ぷらの帝王として他の追随を許さない存在なわけですよ。

 

そして、とれたてのキスで揚げたキス天は、これまた格別なんだとか。

 

うん、なんとしても釣りたい。

そして揚げたい。

 

というわけで、行ってきましたよ!キス釣りへ!

 

キス釣りのために、渡船で島へ渡ってみる。

すみません、渡ってしまいました。

博多埠頭から渡船で35分、「玄海島」へ。

 

いつもなら「釣具のポイント」で店員さんに聞き込み調査をしてから

プランを練るのですが、今回は違います。

 

「島に行けば、まあ爆釣だろう」と。

「聞くまでもないわ」と。

 

この日の気温は37度。

テトラポットの照り返しもあって、体感温度的には42度くらいに感じます。

 

灼熱最前線。

 

アクエリアス2Lと、お茶2Lが空になるほど

水分補給しますが、それでも喉が乾きますからね。

 

まあ、キスが釣れさえすれば、疲れなんて吹っ飛びますよ。

 

そんなジャパンサハラで、6時間くらいやりました。

 

 

びっくりするほど釣れません。

 

釣れるのはエサ取りのちっちゃい鯛の稚魚ばっかし。

 

途中、キス釣りを辞めて、穴釣りとか、ショアジギで根魚とかも狙ってみますが

完全なるノーリアクション。

 

気づけば20時前。渡船が迎えに来てしまいました。

離島にまで来てボウズ。ありえない。

 

釣具屋店員にキス釣りの教えを乞う。

自分の「島に行けば、まあ爆釣だろスピリッツ」が許せませんでした。

 

釣具のポイントで、店員さんの助言を聞かなかった俺。

俺の馬鹿野郎め、と。

 

しかし、くよくよしていられないです。

 

「極上のキス天を食べる」という偉大な目的があるのです。

 

次の日、僕はさっそく「釣具のポイント」へ行き、店員さんに教えを乞いましたよ。

 


タクちゃん
キス釣り希望者なのですがまったく釣れません。助けてください(泣)
店員さん
なんでも聞いてください。
タクちゃん
竿はエギングロッド、リールはエギロッドにつけてる2500番スピニングで問題ないですかね?
店員さん
なんの問題もありません。
タクちゃん
では、ライン0.8号、リーダー12lbなのですがこれも大丈夫でしょうか?
店員さん
はい、バッチこいです。
タクちゃん
餌はどうすれば?
店員さん
小ケブがいいでしょう。もしくはこんなのもアリですね。
タクちゃん
こ、これは?
店員さん
イソメワームです。


タクちゃん
なるほど!こんなので、釣れるんですか?
店員さん
小ケブや青イソメがベストですが、ワームでも釣れます。その代わり、 ワームの場合は即アワセ必須ですよ。キスは ワームを口に入れたら、偽物と気付き、すぐ吐き出します。吐き出す前に即アワセです。ゲーム性があって、面白いからやってみては?仕掛けの針にワームを付けるだけです。
タクちゃん
買います!仕掛けはどうすれば?
店員さん
オススメはこれですね。重りサイズ7~10号でやってみてください。


タクちゃん
わかりました!あと、時間帯はいつがベストですか?

店員さん
朝イチがベストですね。夜はNGです。

タクちゃん
了解です!場所はどこがいいですかね?エサ取りがなるべく居ないところがいいのですが・・・。
店員さん
〇〇波止とか、〇〇堤防がオススメです。見取り図書きますよ。


タクちゃん
言葉もないです。キスは砂地に生息してるんですよね?
店員さん
そうです。
タクちゃん
釣り方はどうすれば?ズル引き?

店員さん
はい。着底させて、ボトムを感じながらズル引きです。

タクちゃん
ありがとうございました!やってみます!
店員さん
健闘を祈ります。

 

キス釣り開始!

早速、店員さんに教えてもらった場所へ行き、キス釣り開始です。

 

サイドスローで6割くらいの力で投げます。

 

めっちゃ飛ぶ(笑)

 

糸フケが出て、着底を確認。

底をずるずる、超スローに引いてきます。

 

あ、釣れた。

お、またもや釣れた。

ガンガン釣れる。

入れ食いやがな!!

 

玄海島なんだったんだー!?

 

 

結局、日没の19:30までの2時間ほどで21匹も釣れました。

豆アジのサビキ釣り並みです。

 

今回の最大サイズは25cm。

 

朝マズメだとさらなるサイズアップも望めるらしい。

 

今度は朝一で行ってみますよ。

 

キス釣り仕掛けや釣り方、時期などまとめ。

 

店員さんに教えてもらったことや、釣行をつうじて気がついたことをまとめておきます。

 

竿・リール

エギロッドで全然OK。

リールもエギングで使うやつで何の問題もないです。

 

ライン

ぼくはPE0.8号(8本編)と、リーダーが12lbで快適にキス釣りできました。

リーダー8lbでもいけそうです。

 

キス釣りの仕掛け

これがオススメ。

 

店員さんにもこれをオススメされました。

 

「重りのサイズ7~10号」から選びましょう。

 

ポピュラーなのは小ケブとか青ケブなんかの生餌ですね。

 

ただ、ワームでも全然釣れました。

今回の釣果の内、半分は小ケブ、半分はワームで釣りましたからね。

 

っていうか、ワームで釣れる状況であればワームの方がいいです。

 

生餌は、ヌルヌルと動くから、ハリが結構刺しにくい。

 

爆釣中に、餌交換に時間を取られるのはもったいないですからね。

ワームなら、動かないからハリを刺しやすいし、手返し抜群なのです。

 

ただ、店員さんの言う通り、ワームの場合は「即合わせ」が必須です。

キスは、ワームを口に入れたらすぐに偽物と気付き、吐き出しちゃいます。

 

だから「プルプル」とアタリがあった瞬間に、即合わせです。

ゲーム性があって楽しいですよ。

 

 

キスが釣れる場所

強くオススメするのは、釣具屋さんに直接聞くことです。

これに限る。

 

キスは砂地に居ますが、自分の山勘やネット情報を鵜呑みにして

いざキス釣りを開始しても、まったく釣れなかったり

エサ取りフィーバーしてたりしますからね。

 

現地のキスを釣りやすい場所は

「現地のスペシャリスト=釣具屋店員さん」に聞きましょう。

 

時間

朝マズメがベストです。

 

僕は夕方からの釣行で、爆釣でしたが。

場所いいと釣れちゃうんですね。

 

しかし、一般的には朝です。

その方がサイズも良くなります。

 

今度は朝行ってみようかと思いますよ。

 

そして、日が落ちたらキスは釣れません。

僕の場合も日の入り以降は、嘘みたいにパタリと釣れなくなりましたから。

 

 

釣り方

まずは仕掛けを投げます。

思い切り投げなくても、結構飛びます。6割くらいの力でOK。

 

次は、仕掛けを着底させましょう。

 

着底の判断は以前、エギング釣行記事で触れたのでそちらも合わせて読んでみてください。


真夏にエギングでアオリイカは釣れるのか。丸一日かけて検証してみたよ。

2017.07.26

着底はラインを見ていればわかりやすいですね。

仕掛けがぐんぐん沈んでいってる時は、ラインが海中へどんどん入っていきます。

 

ラインにテンションがかかってますから、「ピンッ!」となってます。

 

着底すると、そのラインのテンションが抜けて糸フケが出ますよ。

それが着底のサインです。

 

また、風が強い日はスプールに巻いてあるラインを

軽く親指の腹などで押さえましょう。

 

もし押さえなかったら風でどんどん糸が出て行ってしまうので

着底の合図がわからなくなってしまいます。

 

着底したら、あとはずるずる引いて来るだけ。超ゆっくりでOK。

プルプルとアタリがあったらアワせましょうね。

 

ワームでやる時は、即合わせ。

餌の場合は、なかなか吐き出しませんから、そこまでシビアに合わせなくても釣れます。

 

時期

キス釣りのベストシーズンは「5月〜8月」です。

 

寒い時期は深い場所に行っちゃいますから

ボートとかに乗る必要が出てきますよ。

 

陸から手軽に釣るには「5月〜8月」がベスト。

 

キスを天ぷらで食す!

これを見よ!

 

こいつら全員、天ぷらにします。

開き方はこの動画が参考になりますね。

 

一部刺身も作りましたよ。

そして、出来上がったものがこちら。

感無量です。ここまでの道のりは険しかった。。。

 

では、早速いただきます。

「う・・うまい!!!」

 

正直、お店で食べるキス天より、はるかに美味しかった。

なんと言えばいいんでしょうか。

 

ふわっとしてて、それでいてキスの甘みが口いっぱいに広がって

シュワっと溶けるわけですよ。衣のサクサクがまた

食感のコントラストを際立たせるというかなんというか。

 

まあ、釣って食べてみてください。ハイパー美味いです。

 

天つゆもいいですが、塩コショウで食べるのも美味です。

 

あ、ちなみに刺身も抜群に美味しかったですよ。キス釣り最高。

 

 

今回のキス釣り釣行で分かったこと。

キスを釣るなら、場所選びが最優先だと感じました。

 

そして場所選びは自分で判断せずに、とりあえず釣具屋の店員さんに聞くこと。

 

また、「エサがきもい・・・」という理由でキス釣りを諦めている人がいたら

ワームを使いましょう。ワームで全然釣れます。

 

釣って楽しい、食べて美味しい。

キスって素敵。

 

世良公則なら、きっとこう言うことでしょう。

「キス、釣ろうよ」と。

(世良公則、昔のCMで「米、食おうよ」って言ってましたよね?笑)

 

最後までありがとうございました。それではまた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA